セレモアホールディングス イベント情報 会員様だけに期間限定のお得な情報を配信中!!ファミリーライフクラブ会員専用サイト

仏壇・仏具・位牌・神棚について

よくあるご質問ページに戻る

質問のご回答

お位牌はなぜ、白木のままではいけないのでしょうか?

お寺様にもよりますが、白木のお位牌は、葬儀から中陰(四十九日)迄の仮のものと言われております。 四十九日法要をめどに、塗り、又は、唐木の本位牌に作り変えます。
但し、しきたりで、「一年間はそのまま置く」というお寺様もございます。
お寺様にご相談下さい。

↑一覧に戻る
本位牌は、いつ頃までに注文すれば、四十九日忌に間に合いますでしょうか?

ご注文を頂いてから、10日~2週間程お時間を頂いております。
早ければ早い程、ご安心かと思います。
尚、お急ぎの方はご相談下さい。

↑一覧に戻る
お仏壇は、いつ頃までに用意するのが、よろしいでしょうか?

お位牌と同じく中陰(四十九日)までにご用意されますと、安心して四十九日忌の法要を迎えられると思います。
又、葬儀後すぐにご用意される方もいらっしゃいます。

↑一覧に戻る
どうして、お位牌を真ん中に置いてはいけないのですか?

お仏壇とは、お寺の本堂を小さくした物と言われております。お寺の本堂の真ん中には、その寺院のご宗派のご本尊様がご安置されている事と思われます。ですから、お仏壇も同じ考えとなり、そのご本尊様に手を合わせることによって、お位牌(故人様)に功徳があると言われております。

↑一覧に戻る
献体中の場合、本位牌への入魂時期は、いつが良いでしょうか?

献体中であっても、四十九日の忌明け後、ご入魂されると良いでしょう。

↑一覧に戻る
魂入れまでの間、【本位牌】はどこに置いておけば良いですか?

一般的に忌明けまでの間、後飾り段を作りご供養されますが、お仏壇にスペースなどがあれば、魂入れまでの間、しまって置かれてはいかがでしょう。
いずれにせよ、本位牌が壊れたり傷がついたりしないような所に保管されると良いでしょう。

↑一覧に戻る
本家(長男)できちんと供養をしている場合、自分(次男)の家では小さめのお位牌で、入魂しない、という事でも良いでしょうか

お位牌の大きさについては宜しいかと思われますが、ご入魂をして初めてお位牌としてご供養の対象となります。せっかくお作りになられても、ご入魂されるまではただのお位牌、つまり、お品物に過ぎません。ご供養の事も考え、ご入魂されてはいかがでしょうか。

↑一覧に戻る
御霊代の零号の一般的なものを教えてください。

年齢の区分は確定ではありませんが、地位により異なる様です。

例えば、一般的な例として、、、
【男性】○○○○大人命(うしのみこと)
【女性】○○○○刀自命(とじのみこと)

厳密に申しますと、、、

対象年齢 零号(男性)  零号(女)  
1~3歳 嬰児(子)命・若子命 幼児(女)命  
4~6歳 若子命・童子命 稚児命・童女命  
7~30歳 比古(彦)命 比売(姫)命 但し、既婚者の場合は大人命、
刀自命を記す場合もあります。
30~85歳 大人命 刀自命 女性の場合、60歳前は
刀自命で良いと思います。
60歳以上    大刀自命 女性のみとなります
88歳以上 翁命 媼命  

以上となります。 又、地方によって少し異なるようです。

↑一覧に戻る
御霊代のご安置は、どの様にしたら良いでしょうか?

信徒壇や祖霊舎(仏式で言う仏壇や厨子)に、ご安置されると良いでしょう。

↑一覧に戻る
お念珠の数に決まりがありますか?

いろいろな説がございます。私たち人間には108の煩悩があり、その煩悩を意味すると言われております。正式には、108。他に54、27など108を割った数が基本とされていますが、粒の大きさなどにより前後する様です。

↑一覧に戻る
お念珠はいつも持っていた方がよろしいでしょうか?

いろいろな考え方があり、キリスト教の方が十字架(ロザリオ)を持つように、仏教徒であればお数珠を持つ、という方もいらっしゃいます。
本来、お数珠は仏(ぶつ)に備えるのではなく、お守りとしてお持ちいただければ良いのではないでしょうか。ご自身の気持ちに負担のない範囲で持たれると良いでしょう。

↑一覧に戻る
腕輪に何か意味がありますか?

お守りの意味が強いようです。お数珠の功徳によると、身を守るとか、持っているだけで福がくるなど様々です。今は、流行というものもあり、若い人達も身につけておりますので、ファッション的なものもあるようです。

↑一覧に戻る
もっと見る