セレモアホールディングス イベント情報 会員様だけに期間限定のお得な情報を配信中!!ファミリーライフクラブ会員専用サイト

霊園・墓・墓石について

よくあるご質問ページに戻る

質問のご回答

霊園と寺墓地の違いは?

一般的には、寺墓地の場合は檀家になり、全ての仏事の行事は菩提寺様にお願いします。
霊園の場合は、菩提寺様がない方、又、宗派にこだわらず、無宗教、キリスト教の方などが多くみられます。なかには、菩提寺様がある方も居られますが、戒名が無くても宜しいので、利用される方が増えております。

↑一覧に戻る
寺墓地の場合は必ず檀家になりますか?

はい、そのようでございます。お寺様にお墓を持つという事は、そのお寺様の檀家になる事を意味するので、檀家としてお寺様の経済的地盤を支えると言う事です。

↑一覧に戻る
新しく霊園を求めたので、改葬したいと思います。手続きの方法を教えて下さい。

まず、旧墓地がある市・区役所又は、村・町役場より、改葬許可書を頂き、お寺様にお願いし御魂抜の法要を行い、墓石は処分していただき、遺骨を出します。新しい場所で、開眼供養を営んで遺骨を埋葬します。

↑一覧に戻る
改葬を行う場合の金額を教えて下さい。

ご遺骨を持ち出す際、お寺様にご供養のお経を上げて頂きますので、お布施が必要です。
墓地は更地にして返します。その為、石材店へ依頼し、ご遺骨の掘り起こし・石塔の処理をお願いします。(お寺様・霊園・石材店へは、事前の打ち合わせが必要)
お墓の広さ、墓石の数により石材店への支払額が異なりますので、事前にお見積りを取る等、良く打ち合わせをされると良いでしょう。又、受け入れる墓・霊園でも、納骨という事でお寺様にお願いいたします。 (ご遺骨を納めますので、石材店へも依頼します。)
お寺様へのお布施や石材店への手間賃がかかります。(お骨壺が必要な場合があります。)
お寺様にもより異なりますが、最少額で30万円~になるのではないでしょうか。
また、別途石材店への支払いがあります。

↑一覧に戻る
分骨して頂きました。納骨せず、お仏壇の中に置いてもいいですか?

一般的にお寺様の場合、本堂脇の部屋等に納骨堂を設け、ご遺骨をお預かりご供養を致している事から考えてよろしいと思われます。また、後々の事を考え『分骨証明書』を取得されておいた方が宜しいでしょう。

↑一覧に戻る
都営霊園の募集(公募)はいつ頃ですか?

年1回となります。
公募は、例年7月頃にあり、締め切り期間まで、約10日~2週間程です。

【お問い合わせ窓口】
公益財団法人 東京都公園協会 霊園課  03-3232-3151 (※土・日・祝日を除く)   
又は、各都営霊園管理事務所となります。

↑一覧に戻る
独り身の為、今のうちから永代供養墓を決めておきたい。紹介してもらえますか?

永代供養墓の場合、共同納骨堂と個々とがあり、
・お寺様の境内に設けられたもの
・公園墓地に建てられたもの
・お寺様の本堂、地下などに設けられたもの
等、様々な形があります。

個々の場合でも、一般的に33回忌を過ぎますと合同になります。
場所は、どちらがよろしいでしょうか?

↑一覧に戻る
もっと見る