セレモアホールディングス イベント情報 会員様だけに期間限定のお得な情報を配信中!!ファミリーライフクラブ会員専用サイト

仏事(お盆や法要ほか)について

よくあるご質問ページに戻る

質問のご回答

お盆の『迎え火・送り火』は、いつ焚くものですか?

日本の多くの地域では、迎え火:8月13日、送り火:8月16日頃とされておりますが、
東京など一部地域では、迎え火:7月13日、送り火:7月16日とするところもあり、
旧暦・新暦の関係や、地域によっても多少前後するようです。

↑一覧に戻る
迎え火・送り火を焚くのは『ほうろく』でなければいけないですか?
※『ほうろく』とは、直径25cm程の、素焼きのお皿の事です。

『ほうろく』でなければならない、という決まりは特にありません。
昔からの風習で、素焼きの『ほうろく』が多く使われているようです。
他に、大きめのお皿などを使ったり、お庭のあるご家庭では、
直接土の上で焚かれたりする場合もございます。

↑一覧に戻る
新盆の飾り方は?

精霊棚の飾り方には、特に決まった形はございません。
地域によっても違いますが、一般的には別紙のように段を組み、
まこもや金襴の敷き物を敷き、その上に、故人様のお好きだった、
供物やお花、旬の物などをお飾りします。(忌明け後、初めて迎えるお盆が新盆です。)

↑一覧に戻る
新盆の提灯はどの様なものが良いですか?又、兄弟等から頂くものですか?

施主様として、『白紋天』と呼ばれる白い吊りの提灯をご用意します。
これ以外に、柄物の吊り提灯、『大内提灯』を揃えます。
地域の風習として、これらの提灯を血縁の近いご親戚から贈る、
とされる地域もございますが、特に決まりはございません。
※白紋天は、新盆のみ飾ります。使った後は、送り火で燃やしたり、
菩提寺へ納めたりするのが一般的です。

↑一覧に戻る
新盆で提灯を頂いたが、お礼はどの様にしたら良いですか?

お礼状を出されるか、後日、お菓子等のお品を贈られてはいかがでしょうか。
また、提灯を頂いたお家で、万一ご不幸があった場合に、同じように提灯を贈られてもよろしいかと思います。

↑一覧に戻る
新盆で、ご近所の方が見えました。お返しすべきでしょうか?

感謝のお気持ちとして、ちょっとしたお品をお返しされてはいかがでしょうか。
あまり高額なお品でなくてかまわないとされております。

↑一覧に戻る
喪中の時のお中元・お歳暮は、どの様にしたら良いですか?

日頃の感謝の気持ちを表すもので、お祝い事ではないため、お贈りされても良いとされています。
紅白の花結び等の水引・掛け紙が気になる方は、
控えめな包装にされて贈られてはいかがでしょうか。
また、四十九日忌前であったり、先様が喪中で気落ちされている等、
どうしても気になる事情がおありの場合は、
時期をずらして『寒中見舞』としてお贈りする方法もございます。

↑一覧に戻る
お仏壇を車で別の場所へ移動しますが、お寺様に拝んで貰うべきでしょうか?

まず、お寺様にご相談されてはいかがでしょうか。
お寺様を呼ばれなくてもよろしいかとは思いますが、
移動される旨をご連絡する事は必要かと思います。
また、お寺様にお願いして、お仏壇の魂を抜く法要と
移動後に魂を入れる法要を行って頂いてもよろしいかと思います。

↑一覧に戻る
母の四十九日忌を予定しています。お位牌はお寺様で用意して頂けますか?それとも、自分で?

菩提寺様の場合、お寺様で決められたものを用意される事もございます。
まずはお寺様にご相談下さい。菩提寺様でない場合は、
ご自身様で仏壇店等でお求め頂くようになります。
当社お仏壇店のセレモアでも承っておりますので、どうぞご利用下さいませ。

↑一覧に戻る
一人暮らしです。両親と主人等4人のお位牌を守っています。
万一自分が亡くなった場合、嫁いだ娘にお願いする事も出来ません。お寺様に預ければ良いのでしょうか。

菩提寺様がありましたら、その旨お話しの上、お預かり頂けないかをご相談下さい。
ご主人様のお位牌については、お嬢様とよくお話し合いの上、
お決めになられてはいかがでしょうか。
また、ご自身様の万一の後は、永代供養をして頂くという方法も視野にいれ、
お寺様にご相談頂くとよろしいかと思います。

↑一覧に戻る
法要案内を自分で直接書いて出しても良いですか?

直接、お書きになられるのは丁寧ですが、枚数が多ければ書くのが大変ではないでしょうか。
また、出す時期として相手方の予定もありますので法要の十日前頃には、
返事が頂ける様に早めに出された方がよろしいでしょう。

↑一覧に戻る
法事について教えてほしい。回忌の日数の数え方・回忌の種類など。

法事とは、故人の亡くなった日を≪1≫と数え、節目で追善供養する事です。
追善とは、功徳を積むことによって亡き人の霊を弔うことです。
故人の恩に報いるために、ゆかりのある遺族が後から追って善事を実践し、
その功績を故人に譲るいわれになっています。
一般には、死後七日ごとに5回目の三十五日、7回目の四十九日まで、
さらに百日、年忌などの法会をもって追善の供養を営みます。

中陰期間中は、七日ごとに供養する決まりです。
この世と、あの世の中間にある世界を『中有』とか『中陰』と呼んでいます。
この間に、次の世界としてどこに生まれるかが決定されるといわれるからです。
なお、宗派によっては、寿命の尽きた時ただちに仏の国に入るとする考えもあります。

『中陰』の期間が過ぎることを『満中陰』といい、
この日には死後に生まれ変わる世界がどこであるのか決定されることになっています。
このため、法事の中でも特に四十九日(七七日忌)の忌明け(満中陰)法要が重視され、
特に念入りな法要を勤めることになっています。
なお、宗派により、三十五日(五七日)を忌明けとしている場合もあります。

↑一覧に戻る
仏式の法事(法要)のスケジュールは?

以下の表のようになっております。

死亡日を入れた
日数
呼び方 法事(法要)の内容 十三仏 十王
七日目 初七日(ショナノカ) 親族・知人を招き、読経、焼香の後、
故人をしのんで会食を行う。
不動明王 泰広王
十四日目 二七日(フタナノカ) 近親者だけで行う事が多い。 釈迦如来 初江王
二十一日目 三七日(ミノナノカ) 近親者だけで行う事が多い。 文殊菩薩 宗帝王
二十八日目 四七日(シノナノカ) 近親者だけで行う事が多い。 普賢菩薩 五官王
三十五日目 五七日(ゴノナノカ) 近親者だけで行う事が多い。
(忌明けの供養を行うこともあります。)
地蔵菩薩 閻魔王
四十二日目 六七日(ムノナノカ) 近親者だけで行う事が多い。 弥勒菩薩 変成王
四十九日目 七七日忌(シチシチニチキ) 親族・知人を招き、忌明けの供養をする。
納骨式を行い会食をする。
白木位牌から本位牌に替え、
仏壇に納める。
薬師如来 泰山王
百日目 百か日 親族・知人を招き、故人を偲んで供養する。 観世音菩薩 平等王
満一年目 一周忌 親族・知人を招き、故人を偲んで供養する。 勢至菩薩 都市王
満二年目 三回忌 親族・知人を招き、故人を偲んで供養する。 阿弥陀如来 転輪王
満六年目 七回忌 親族・知人を招き、故人を偲んで供養する。 阿閃如来  
満十二年目 十三回忌 親族・知人を招き、故人を偲んで供養する。 大日如来  
満十六年目 十七回忌 親族・知人を招き、故人を偲んで供養する。    
満二十二年目 二十三回忌 以後は、永代供養する場合が多くなる。    
満三十二年目 三十三回忌  

虚空蔵菩薩  
満三十六年目 三十七回忌      
満四十九年目 五十回忌      
満九十九年目 百回忌      
備考
※初七日は、葬儀当日にお骨がも還ったら行うことが多くなりました。
※命日の前の休日等に合わせて、法要の日取りを多少かえてもかまいません。
※一周忌だけは満で数え、後は死亡した年を入れて数えます。
※地域や宗派により、多少異なる場合もあります。
※十三仏と十王は、それぞれの忌日に対応する仏・菩薩と、審判する冥府の王です。
↑一覧に戻る
法要の場所はどこが良いですか?

お寺、またはご自宅でお経を上げ、お墓参りを済ませてから場所を変えて、
会食となる事が多いようです。
お経の前にお墓参りをなさる方もいらっしゃいます。
お経から会食までをご自宅、または、お寺で済ませる事もあります。
また、ホテルで法要をされる方も増えております。

↑一覧に戻る
命日以外の日に法事を行いたいが、許容される日数の範囲は?

命日より前に行うようにしましょう。
三回忌位までは単独になさり、その後は合同になさる場合もあります。
ご事情で、3ヶ月間位前、又は合同で1年位早めにされる事も多くあります。
(許容範囲の日数はございません)

↑一覧に戻る
回忌法要にお呼びする方々の範囲は?

その家により異なりますが、
一般的に一周忌までは親族や故人の友人なども招待し、
三回忌以降は内輪だけになります。

↑一覧に戻る
五十日祭に[神官]をお呼びするか?

五十日忌明けの祭りと言って、
神官に自宅に来てもらい、近親者が集まり五十日祭を行う。
終わった後、飾ってある祭壇を縮小して御霊代を祖霊舎に納め日常に戻ります。
※五十日祭まで音をたてない拍手(しのび手)で行い、
音をたてる拍手は五十日祭を過ぎてからとなります。

↑一覧に戻る
8月9日に四十九日忌を迎えるが、お盆と重なります。どの様にすればよいか?

別々にご法要を致します。
まずは四十九日忌を済ませ、その後お盆となります。

↑一覧に戻る
一周忌法要の時の服装は身内の場合と友人の場合は?

喪服に近いブラックスーツやブラックフォーマルを着ます。
施主側から「平服」とお話があった場合は、地味な平服で参加します。

↑一覧に戻る
法事の際、席順は?

僧侶には最上席に座って頂き、喪主親族は末席に座ります。
施主は僧侶をもてなす為、僧侶の隣に座ります。

↑一覧に戻る
回忌法要に供える線香は、どの様なものか?

一般的には、特に決まりはありません。普通の長さで良いでしょう。

↑一覧に戻る
一周忌法要後、会食をしたい。会食の出来る場所は?

法要を行った場所(寺、式場)や料理屋、レストラン、ホテルで行う。
また、寺の場合は客殿で食事をする場合もあります。
セレモピアンでもご紹介致します。

↑一覧に戻る
もっと見る